観光スポット検索

エリア

カテゴリー

キーワード

  • 山口市について/yamaguchi city
  • 山口市へのアクセス/access
  • おすすめ観光スポット/recommendation

観光便利情報

  • 観光案内所紹介
  • 無料観光ガイド紹介
  • 観光パンフレット請求
  • 観光写真ダウンロード
  • 市内の交通
  • リンク集

龍蔵寺(りゅうぞうじ)

概要・特徴

約1300年前の文武2年(698)、神変大菩薩と崇められた僧、役小角(えんのおずぬ)が、豊後国彦山から掛錫し、奥の院の岩窟に紀州熊野権現勧請し、秘宝の護摩供を厳修し、「龍の蔵」と名付けたことに始まっているといわれています。
ついで天平13年(741)、行基菩薩がこの霊域に留まり、自ら千手観音を掘り、寺を建て泰安して「龍蔵寺」と名付けました。大内氏・毛利氏の時代にはその守護寺として保護され、一般庶民からも深い信仰を集めました。

宝物庫に安置してある大日如来は、明治の寺院整理の際、ふもと吉敷木崎にあった妙法寺の本尊を移したものです。法界定印を結ぶ胎蔵界の大日如来です。 桧材の寄木造りで、漆箔像です。像の高さは95cm。豊かな面相、肉付きの良い胸や腕、流麗な衣紋など藤原時代の特色がよく見られています。光背や蓮華座は後補。昭和19年に国の重要文化財に指定されました。また、観音堂には雪舟筆と伝える青馬の額があり、今にも土煙をあげ出てきそうな様で迎えてくれます。側面には雪舟の弟子、雲谷等顔筆の馬三十三頭を描いた大絵馬四面があります。

観音堂の前にそびえている巨樹イチョウは、永い時の流れを告げるかのごとくたっています。高さ45m、根元12.7mあり、樹齢は約900年と推定されています。幹の内部は老朽し、空洞になっていますが、樹勢は旺盛です。秋の黄葉時には樹下は黄色の絨毯を敷き詰めたようで大変美しく、また遠くからも望見することができます。国の天然記念物に指定されています。

【鼓の滝(つづみのたき)】
龍蔵寺の中にある鼓の滝。滝が大きく3段に分かれており、中段がくびれて形が鼓に見えることや、落ちる水音が鼓をうつ音に似ていることから「鼓の滝」と呼ばれています。滝の中段にある岩窟(奥の院)に、大仏像が彫ってあります。

四季折々の自然

静寂な境内には四季折々の自然があふれています。春には150種1000株のぼたんが咲き乱れ、見頃は4月下旬です。夏にはご先祖さまとの語らいを持ち、一家一家皆ともに健やかであることを確かめ、祈りあって清らかな心になるために行われる万燈会が毎年8月16日にあります。秋は前述の大イチョウが黄色い絨毯を敷き詰めます。
冬には冬ボタンが咲き、春のボタンとは違った味を楽しめます。

利用案内
所在地 山口市吉敷1750番地
拝観時間 4月~10月8:00~17:30
11月~3月8:30~17:00
拝観料 大人/200円 中高生/100円 小学生/50円
拝観休み 年中無休
お問い合わせ 龍蔵寺 TEL:083-924-1357

詳しくは、コチラ(龍蔵寺ホームページ)

ページの先頭へ

文字サイズの変更について広告募集についてプライバシーポリシーサイトマップ

一般財団法人山口観光コンベンション協会

753-0042 山口市惣太夫町2番1号JR山口駅2階 TEL083-933-0088 FAX083-933-0089

秋穂支部徳地支部阿東支部

Copyright © 山口市ふるさと創生部観光交流課 All Rights Reserved.